ルパン制作ブログ ルパン座トーク ルパン制作スタッフによる制作裏話

第22話「ルパン、頂きに参ります」ウラ話~制作進行の連携プレイ!~

2016.03.04

皆さんこんにちは!テレコム制作進行見習いのナカノンです。レベッカが成長しましたね。
ナカノン的ポイントはロブソンです!見てください、このキリッとした横顔!

01

 

かしずかれたい…!ロブソンの渋い魅力が出ている回でしたね。
お話もとても素敵で、ルパン、レベッカ、ロブソン、不二子の4人の関係性が出てました!
ウラ話は徳永先輩と疋田先輩にうかがいます。

***
◆ 徳永先輩、よろしくお願いします!レベッカの気持ちに決着がつくお話でしたね。

徳永:そうだね。12話「イタリアの夢 後篇」で描かれたように、浦賀航との約束の為にこれまで白ワインしか飲まなかったレベッカが、赤ワイン作りを決意する。

01

 

◆ その赤ワインの試飲パーティから今回始まりますね。

徳永:ここで着ている衣装にもレベッカの心境を表しているんだ。赤ワインを持ってるから、色はシャンパンゴールドのドレスにしてるみたいだよ。

02

 

◆ いつもよりちょっと大人びた感じがします!怪盗姿もいつもよりドレッシーです。

03
◆ ルパンとレベッカのメッセージのやり合いがテンポよくて、楽しかったです。

徳永:コンテを切ってくれた佐野さんが、筆が早くてコンテをうまく起こしてくれたんだ。コンテチェックに入った矢野監督がひとつも直すことなく4時間で戻ってきたぐらい。

◆ 直しがないなんてすごい!物語も佳境に入ってきましたが、徳永さん的には?

徳永:コンテが早くあがったし、スケジュールがあった筈なんだけど、蓋を開けてみたら時間が全くなかったんだよね…特に美術さんに迷惑をかけてしまったのがとても申し訳なかった。

◆ どうやって乗り越えたのでしょうか?

徳永:ヘルプを出しました。最終話からスタッフさんを引っ張ってもらって…。

◆ 最終話も大詰めだったのでは?スムーズにいったのでしょうか?

徳永:巻き込んだ相手が24話担当の疋田と、23話担当のデスクの栗栖さんだったんだ。ふたりには元々相談してたから、割と連携が取りやすかった。だからスタッフさんのバランスの調整はしやすかったね。制作の間で話し合って調整できたのは大きかったな。

◆ 最終話を担当された疋田さん、ぶっちゃけいかがでした?

疋田:どの話数も大切だから、クオリティを保つことと、スタッフの体力面を考慮してスタッフを割くというのは当然の選択だよ。

写真1_IMG_1815
◆ その台詞かっこいいです、先輩…!

疋田:とはいえ制作の都合なので、原画さんやスタッフさんが自分の話数に集中してるときに、「別の話数に」って言うのは本当はあまり嬉しいものではないと思う。だからこそヘルプを受けてくださる方には感謝しかない。

◆ 最後に向かって、支え合って完成させたんですね!徳永先輩、疋田先輩ありがとうございました!

 

***

 

まさか裏側ではそんなにバタバタしてたなんて、画面からは微塵も感じられません。
そういえば、最後不二子ちゃんにお札をとられたってことは、ルパンはお掃除1年の刑になったんですよね。ルパンが掃除しているところ、見てみたいですね。
次回23話は「世界解剖 前篇」!レオナルド・ダ・ヴィンチがついに動きだします…!お見逃しなく!

3 / 2512345...1020...最後 »