ルパン制作ブログ ルパン座トーク ルパン制作スタッフによる制作裏話

第15話「ハイスクール大作戦!」ウラ話~ようこそイタリアの学校へ!~

2016.01.15

皆さまこんにちは!テレコム制作進行見習いのナカノンです。今度の回はファニーでしたね~。ルパンみたいな先生がいたら学校も楽しそうですよね。ハイスクールの先生たちも個性的でした。さてさて今回のウラ話は、制作進行の山路先輩&設定制作のホリコ先輩にお聞きします~!
***

 

◆ 山路先輩、ホリコ先輩よろしくお願いします!今回は異色な回というか、人間ドラマ、学園ドラマ的でしたね!

山路:先生たちがルパンに立ち向かう話だったね。

写真01_IMG_1807

 

◆ 先生たちのヘナチョコそうな感じも楽しかったです。

山路:先生たちのキャラクターデザインはキャラデザ補の稲手遥香さんが担当してるよ。ダイヤを取り戻さんと先生たちがルパンに立ち向うシーンの原画は、佐久間千秋さん。頑張ってもらって、評価も高かったね。

01

02

 

◆ ちなみにルパン扮するピエール先生の専攻とかってあるんですか?

山路:国語教師。本編では語られないけどね。

ホリコ:教科書にもこだわりましたよね。

山路:そうそう。本場のイメージに近づけるために、ネットでイタリア語の教科書画像を探したんだよ。

03

 

◆ ひゃー細かいところにもこだわりが!

ホリコ:日本と文化が違うから、教室のつくりや生活習慣、お昼ご飯とかの時間軸を調べたんだよ。持ち物とかも細かく写真を集めて、どんなものを持ってたら自然なのかとかも考えたんだよね。

04

 

◆ イタリアの方が見ても違和感のない設定になっているんですね。

山路:ルパンが校長先生に「ハーバード大学のピエールです」と紹介するときに提示する卒業証書もちゃんと調べて作ったからね。

05

 

ホリコ:ハーバード大学のものを翻訳してもらって、本場の人に見てもらってる。卒業証書にフルネームが必要だからって、苗字も調べましたよね。

山路:ピエール・デヴォワね。

◆ 名前もちゃんと考えたんですか!

山路:フランス人で一番多い名前のベスト5から選んで名付けたんだよ。

◆ 日本だと佐藤さんとか鈴木さんみたいな一般的な名前なんですね。

山路:黒板に書いた「ピエール」の名前も、本場の人に実際に書いてもらった字を基にして作ってるよ。

06

 

◆ ネイティブ筆記?!

山路:黒板に書く感じを出したくて、なめだし(ワイプ出しともいう。線が出てくるように見せる手法)をやったんだ。

◆ 何気ないところもこだわって、イタリアの学校らしいつくりになってるんですね。山路先輩、ホリコ先輩、ありがとうございました!

 

 

***

 
今回のウラ話は初耳情報満載でした…!まさか学校生活における時間軸まで調べてるとは!黒板の字も!驚きの連続です。本場の方が見ても違和感がないように細部までこだわってるんですね。
次回第16話は「ルパンの休日」!…ルパンの休日?!お休みの日って何してるんでしょうね~普段はあまり見られないオフショットにご期待ください!放送&ウラ話をお楽しみに!

10 / 25« 先頭...89101112...20...最後 »