ルパン制作ブログ ルパン座トーク ルパン制作スタッフによる制作裏話

ただの黒じゃないんだぜ~次元大介のデザイン・色彩設計

2015.09.14

皆さまこんにちは!テレコム制作進行見習いのナカノンです。

キャラクターシリーズ第2弾、今回はルパンの相棒・次元大介についてお聞きします。

 

***

 

◆ 横堀さん、山本さん、よろしくお願いします!今日は次元について教えてください!

横堀:次元は歴代の作品を通して印象変わらない気がするよね。鉛筆のタッチによって髪の毛やヒゲの質感が変わってるかな。

 

01

 

◆ これまでのシリーズを見ると、次元は頬骨の線が入ってるときとないときとがありますが、今回は入れてますね。頬骨があるとシャープな印象になりますね。

横堀:ただ入れ方によっては貧相な感じに見えちゃうんでね。そこが難しいところだね。

◆ なるほど!洋服についてはいかがですか?

横堀:次元だけじゃなく他のキャラも共通して、リラックスした雰囲気が出るようにネクタイをゆるめてる。それと、体型を昔より多少絞ってるかな。ジャケットもマモー(「ルパンVS複製人間」)の時はバブルっぽい肩が張った感じだったけど、今回は今風のタイトな感じにしてね。実際にある場所が舞台だから、全体的にダサくないように、自分が着ても歩けるようなものにしたかった。ベルトの端がぴゅっと出てるところもこだわりなんだよね。

◆ 前回見せていただいた画像の、様々なジャケットカラーの次元が新鮮でした。

山本:次元のイメージを脱皮させたくて、ベージュ、オリーブ、パープル…色々作ったの。オリーブの人気が高かったけど、最終的にいつもの黒のスーツに落ち着いちゃった。でも紫のシャツは譲れない!シャツはこの色しか塗ってません(笑)。

 

02

 

◆ ジャケットは純粋なブラックですか?

山本:ルパンと同じで、ラインを活かすために色味を入れてるのね。あと帽子とジャケットを同じ色にしないで、全部変えてます。上から徐々に色が濃くなるグラデーションになってるの。今回の「ルパン」は影がないから、上下すべて同じ色だとチープに見えちゃう。ちょっと色を変えることで見栄えが良くなるんです。

◆ ネクタイの色もあまり見かけない色ですよね…これは薄いブルーですか?

山本:ほぼ白なんだけど、少し色を加えてる。ネクタイピンはゴールド。ちょっとしたところでオシャレな感じを出せたらなって。

◆ 次元の設定画を見せていただいたときに、靴がどんとアップになっているのが印象的でした!

 

写真3_IMG_1797

 

横堀:ファーストで靴をちゃんと描いてたから、それをイメージしてね。子ども心に衝撃的だったんだよ。ルパンと次元の靴が違うし、人が見ないようなところまでこだわっててね。

山本:全身の設定画だと分からないけど、アップになった時には靴ひもの色を変えてます。それと靴の金具にも色を入れてる。

 

04

 

◆ 次元の設定画で、帽子をかぶってない絵も多いですね。

横堀:最初は帽子かぶってるものしかなかったんだよね。帽子をかぶってない話数が出てくるから急遽作ったんだよ。次元で皆さんがこだわるのが「目が見えない」ところ。だから帽子を脱いだときも髪で目が見えないようにして。全く見えないわけじゃなく、演出的に意味があるときに見えるようにしてね。あんまり見えちゃうとありがたみがなくなっちゃうしね。

◆ 次元の目がちらっと見えるとドキドキしてしまいます!それにしてもスーツの色が上下で違うとは驚きでした…!周りの人物・風景だけでなく、影の有無によっても色味を変えてるんですね。

横堀さん、山本さんありがとうございました!次は五ェ門について教えてください!

12 / 13« 先頭...910111213